fc2ブログ

その情報を発信しているのはどんな立場の人なのかを考えてみましょう / 【2023年11月~2024年2月】FP3級資格取得講座スタート!


新シーズンが始まりました!

7(火)京都リビング新聞カルチャー倶楽部主催 【2023年11月~2024年2月】FP3級資格取得講座第1回目の講師を務めました。
今回で21シーズン目(計29回目)火曜13時~15時の115分(休憩5分)の講座で、年末年始を挟み2月下旬まで14回の長丁場です。

<第1回目の項目>
はじめに
ライフプランニングと資金計画①
・ファイナンシャル・プランニングの基礎、職業倫理、関連法規
・ライフプランの考え方
 ライフイベント表・キャッシュフロー(CF)表・バランスシート(B/S)
・6つの係数
・住宅取得資金と住宅ローン
・教育資金

 231108_01

FP3級を学ぶと、日々の生活で「その言葉聞いたことある!」となる場面がたくさん出てくるようになります。社会の仕組みやお金まわりの情報に対するアンテナが高くなることは間違いありません。
アンテナが高くなるからこそ情報を取捨選択するための知識や知恵を得ておくことが大事ですし、その情報を発信しているのはどんな立場の人なのかを考えてみることも大事です。

2回目以降の多岐に渡る項目を学んでいくためにもファイナンシャルプランナー(FP)の本筋を知るのが第1回目の講座です。
具体的に1つ挙げると、キャッシュフロー(CF)表はこれからの学んでいく内容も踏まえるほうが作りやすくなるのは間違いありませんし、そもそも作成の難易度は高いです。
ライフイベント表とバランスシート(B/S)にも注意点はあるとはいえ考え方さえわかればいつでも作れますし、ぜひぜひ自分自身やご家族を当てはめて作ってみていただきたいです。今後の講座を受けていただくうえでも興味の範囲が広がります。

<過去参照コラム> ファイナンシャルプランナー(FP)の役割とは
<過去参照記事> 奨学金と返還と循環運用


資格取得講座ではありますが、講師(私)は日々相談を受けている立場ですので、相談での事例も含めて初回からしっかりたっぷり検定とは関連性のない脱線が特徴です。これこそが京都・滋賀の両リビング新聞社さんで私がFP講座を続けている背景と言えます。
講座で使っている市販のテキストには書いていない、検定でも出題されない、でも実際の生活でたいせつとなる考え方は私からの配付資料で準備しています。

今回受講くださる皆さま、長丁場です。14回よろしくお願いいたします。


初めてFP講座を受け持ったのは2011年1月向けですので丸13年です。基礎知識を学んでいただける3級講座は長く続けていけるようがんばっていきたいです。今シーズンもスタートです!!

<参照ブログカテゴリ> ライフプランニング

-----

8(水)打ち合わせ1件です。
9(木)個別相談2件お受けします。

ご参照ください。
【特別対応】初回相談からオンラインでお受けできます<第5版>


コメント

非公開コメント

トラックバック