fc2ブログ

図表でみる世界の年金 2019年版【第10章44/44】ロシア


図表でみる世界の年金OECD/G20インディケータ(2019年版) 2021年11月12日初版第1刷発行を読みました。

220706_01

他国の状況を知りたい目的で購入しましたので第10章「図表でみる世界の年金2019:国別プロフィール」から国別で紹介しています。全44か国あります。

前回の記事はこちら → 図表でみる世界の年金 2019年版【第10章43/44】ルクセンブルグ
44か国目はロシアです。

-----
■ロシア p436-440

65歳超人口が現役世代人口の46.2%に達する日本の公的年金給付費 対GDP比は10.2%。
65歳超人口が現役世代人口の25.3%のロシアは公的年金給付費 対GDP比は非掲載でした。

平均寿命は日本(84.0歳)より約12年短い72.2歳です。
ロシアはこんなに平均寿命が短いのですね。


---
受給要件

2018年時点で加入期間9年以上で男性60歳・女性55歳が受給開始年齢。
2024年までに段階的に15年となり、2019年以降、男性65歳・女性60歳へ1年ごとに1歳ずつ引き上げられる予定。
被保険者期間42年以上の男性、同37年以上の女性は2年を上限として繰上可能予定。

海外居住者には支給されない。年金額の年次改定は行われない。


年金額の算定方法

2018年の事業主負担分の保険料率は、1021000ロシアルーブル(1ロシアルーブル=1.7円で設定)=約174万円までの賃金に対して22%、超える部分に対して10%。
平均的労働者の所得額は47万ロシアルーブル=約80万円ということでした。


・基礎的制度

定額給付は月額4982.9ロシアルーブル=約8500円。80歳以上は倍増。


・所得比例制度

ポイント制。
2019年の月額保険料9580ロシアルーブル=約16300円ごとに1ポイント。年間最大8.7ポイントが付与される。2021年以降10ポイントへ段階的に引き上げ。
2018年1ポイント81.49ロシアルーブル=約140円に換算。
1ポイント獲得に必要な保険料額および年金額への換算単価は国全体の所得額の変動に応じて改定。

仮に年10ポイントで30年就労したとして300ポイント=約41600円という考え方で合っているのでしょうか。


・セーフティーネット給付

生活扶助給付は2018年で月額5180ロシアルーブル=約8800円。

寒冷地(極北?)での給付は生き死にに強く影響があると思います。
こういう額で死なない生活ができるのでしょうか。公的年金保険および生活保護以外の保障の仕組みがわからないと何ともわかりません。


---
キャリアの変動への対応

・早期受給開始の場合

通常は不可。
健康に害のある環境で就労した場合は可能。労働環境と職種により基準となる就労年数は異なる。割増保険料6%または9%。


・受給開始を遅らせる場合

可能。
「1年繰り下げるごとに予定年金支給期間(最短で14年)が1年分減少し、その結果として年金支給額が増額される」との記述があるのですが、「予定年金支給期間」の説明・定義がどこにも記載がありません。


・育児(休業)の場合

子を養育する期間は1人につき18ヶ月、合計3年間までは被保険者期間に算入。

児童手当の記述がありました。
最低生活水準を下回る子(1歳6ヶ月~18歳)のいる世帯。ひとり親世帯には倍額。養育費を支払えない親の場合は追加の手当て。金額は記載なし。
2人以上の子を産んだ、または養子を迎えた女性に支給される家族助成金。453026ロシアルーブル=約77万円。


・失業の場合

省略。


---
個人所得税と社会保険料

・年金受給者への課税

「一般的な基準に基づいて決定」とありますので就労者と同じ課税ということかと思います。


・年金所得への課税

非課税。


・年金受給者に賦課される社会保険料

就労時の記載はありましたが、老齢年金のみの場合は記載がありませんでした。


---
年金制度モデル化の結果:ロシア
・2060年に64歳から受給開始

カナダ・ノルウェーに似ています。カナダ・ノルウェーは平均所得の1.25倍あたりから所得代替率が下がる形ですが、ロシアは1.5倍あたりです。


-----

政治・国際情勢のことは私にはわかりませんが、こんなご時世ですのでロシアを最後に持ってきました。

 

次回、図表でみる世界の年金2019第10章44か国のまとめです。



コメント

非公開コメント

トラックバック