fc2ブログ

図表でみる世界の年金 2019年版【第10章43/44】ルクセンブルグ


図表でみる世界の年金OECD/G20インディケータ(2019年版) 2021年11月12日初版第1刷発行を読みました。

220706_01

他国の状況を知りたい目的で購入しましたので第10章「図表でみる世界の年金2019:国別プロフィール」から国別で紹介しています。全44か国あります。

前回の記事はこちら → 図表でみる世界の年金 2019年版【第10章42/44】スロベニア
43か国目はルクセンブルグです。

-----
■ルクセンブルグ p343-346

65歳超人口が現役世代人口の46.2%に達する日本の公的年金給付費 対GDP比は10.2%。
65歳超人口が現役世代人口の22.3%のルクセンブルグは公的年金給付費 対GDP比は8.4%。

平均寿命は日本(84.0歳)より2年短い82.0歳です。

合わせて書いておきます。人口は約64万人ということです。


---
受給要件

保険料拠出(強制加入または任意加入)期間120月以上で65歳から受給開始。
同480月以上かつ拠出120月以上あれば60歳から早期受給可能。
強制加入480月以上あれば57歳から受給可能


年金額の算定方法

・基礎的制度

40年加入で2018年の給付月額490.20ユーロ(1ユーロ=130円で設定)=約64000円=年76.5万円。被保険者期間が短くなれば比例減額。
年末手当あり。40年拠出で月額64.96ユーロ=約8400円増額。1年ごとに約1.62ユーロ=約210円の増減。

年末手当を除けば日本の基礎年金と同じようなイメージです。


・所得比例制度

累積総所得額に1.813%の給付乗率を設定。
支給上限額は月額8448.85ユーロ=約110万円=年1318万円。平均的労働者の所得額は59497ユーロ=約773万円であるとはいえ、かなり大きいです。

高年齢の労働者と保険料拠出期間の長い者には高い乗率を設定。
年齢と拠出年齢の合計が94年を超えた期間は1年あたり0.013%ポイントずつ増加。
例えば60歳時点で37年の拠出期間があれば97年なので上乗せ発生しています。

年金額は物価指数と毎年の実質賃金上昇率の両方の変動に応じて改定。


・最低額保証制度

被保険者期間40年で月額1824.95ユーロ=約23.7万円。
20年以上であることを条件に比例減額あり。

この額が最低保証というのは大きいのではないでしょうか。


・社会扶助

月額が単身者1436.20ユーロ=約18.7万円、同居成人2名で2154.34ユーロ=約28.0万円。25歳以上で合法的に居住していること。


---
キャリアの変動への対応

・早期受給開始の場合

額調整は実施されない。


・受給開始を遅らせる場合

65歳以降の記述なし。増額の記述もなし。


・育児(休業)の場合

最長6ヶ月の育休。従前賃金額に基づいて月単位で手当てを受給するが、所得とみなされ保険料が賦課される。


・失業の場合

失業給付も所得とみなされ保険料が賦課される。


---
個人所得税と社会保険料

・年金受給者への課税

所得税の賦課対象。年金受給者税額控除(年300ユーロ=約39000円)が適用。


・年金所得への課税

特別な優遇措置なし。


・年金受給者に賦課される社会保険料

医療保険料5.60%(制度運営者と折半で各2.80%)と介護保険料1.40%の賦課対象。
所得税の課税ベースを基に7-9%賦課される連帯税を通じて失業保険制度にも拠出。

受給額が大きく見える分しっかり徴収もするということなのですね。


---
年金制度モデル化の結果:ルクセンブルグ
・2058年に62歳から受給開始

日本と同じ考え方なのだと思うのですが、なぜかグラフでは基礎的制度が土台的な位置づけになっておらず所得比例(給付建て)制度が土台に引かれ、基礎的制度が薄い上乗せとして見せられています。どういった意図なのか気になるところです。


-----

北欧ではありませんが、高給付・高負担なのでしょうか。

 

次回、図表でみる世界の年金2019【第10章44/44】ロシアです。


コメント

非公開コメント

トラックバック