fc2ブログ

単に商品比較だけで検討するのではなく、その背景も検討材料に加える必要がある


先月後半の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

京都府内にお住まいのDさんが事務所へお越しくださいました。

10年ほど前に生命保険相談をお受けし、今回は住宅ローンの借り換え検討相談です。購入時は相談をお受けしていませんでして、固定金利期間満了に伴う金利条件変更での検討です。
事前に必要な情報をお預かりし方向性もお示ししたうえで、対面での細かな確認と最終判断という流れです。

実際に借り換えを進めることになれば手間暇も費用も必要になります。いかに現状を踏まえたうえで情報を揃えるのかが大事なポイントになってきます。
合わせて確定拠出年金の資産配分についてもアドバイスさせていただき、このあたりが幅広く対応しているFP相談の真骨頂とも言えます。

Dさん、ありがとうございました!!
引き続きよろしくお願いします!! 


<京極・出町FP相談オフィシャルサイト> 住宅購入・住宅ローン 購入後の見直し相談
---

大阪某所にお住まいのKさんが事務所へお越しくださいました。

とあるご紹介のご縁で、お子さんの医療保障をどうすべきかという点が今回のメイン項目です。
代理店の営業担当さんから受けられた提案内容については商品性や他社との優位性で言えば確かに良いものだと思います。
ただ、大前提の確認が必要です。それは高額療養費の仕組みであり、お子さんの年齢によっては自治体ごとに異なる子ども医療の仕組みです。そして家族の働き方や貯蓄の状況も確認が必要です。

私にも少しだけ経験がありますが、小さな子どもに入院が必要な状況は親の付き添いが必要なことがほとんどでしょう。医療費はほとんどかからなくても親の収入(所得)補てんという考え方での加入まで否定するつもりはありません。それでも、単に商品比較だけで検討するのではなく、その背景も検討材料に加える必要があると思っています。
その他、iDeCo(個人型確定拠出年金)やNISA(少額投資非課税制度)についても質問くださいました。

Kさん、ありがとうございました!!
引き続きよろしくお願いします!! 


<京極・出町FP相談オフィシャルサイト> ご相談の流れ(初回相談)
-----

早いもので子どもたちの新学期も1週目の最終日です。春休みが終わっていきなり丸々1週間は疲れてしまう子がいそうですね。

230407_03

230407_04

もうとっくに新緑の入口ですが、名残惜しいので桜の記録の最後です。いずれも京都御苑内です。


14(金)個別相談1件お受けします。
15(土)個別相談2件お受けします。

ご参照ください。
【40歳未満(39歳以下)限定企画!】2023年4月 京都市議会・府議会議員および統一地方選挙の「投票済証明書」で相談料を割り引きます
【特別対応】初回相談からオンラインでお受けできます<第5版>


コメント

非公開コメント

トラックバック