fc2ブログ

図表でみる世界の年金 2019年版【第10章30/44】ブラジル


図表でみる世界の年金OECD/G20インディケータ(2019年版) 2021年11月12日初版第1刷発行を読みました。

220706_01

他国の状況を知りたい目的で購入しましたので第10章「図表でみる世界の年金2019:国別プロフィール」から国別で紹介しています。全44か国あります。

前回の記事はこちら → 図表でみる世界の年金 2019年版【第10章29/44】サウジアラビア
30か国目はブラジルです。

-----
■ブラジル p420-423

65歳超人口が現役世代人口の46.2%に達する日本の公的年金給付費 対GDP比は10.2%。
65歳超人口が現役世代人口の15.5%のブラジルは公的年金給付費 対GDP比は8.0%。

平均寿命は日本(84.0歳)より8年半ほど短い75.6歳です。


---
受給要件

15年以上の保険料拠出期間で男性65歳、女性60歳から受給可能。
ただし、満額受給には男性35年以上、女性30年以上の保険料拠出期間が必要。

(1ブラジル・レアル=30円として計算)
保険料率は所得額が
月1693.72レアル=約50800円(年61万円)まで8%
以降、月2822.90レアル=約84700円(年102万円)まで9%
以降、月5645.80レアル=約169000円(年203万円)まで11%

平均的労働者の所得額は26929レアル=約81万円。
保険料率に段階的な傾斜があるのに、所得代替率ではそれを感じにくいグラフです。よくわかりません。


年金額の算定方法

・保険料拠出期間に基づく受給

1994年7月以降、引退までの所得額が最も多い複数の月の平均所得額×80%相当額。
実際の支給額はこれに年金係数を掛ける。
年齢と保険料拠出期間の合計が男性95年、女性85年(2027年には男性100年、女性95年に引き上げ)以上の場合、係数は適用されない。

係数の計算式がありましたので、保険料拠出期間40年・退職時(65歳)の平均余命18・退職年齢65歳を当てはめてみると、約0.74でした。日本的な数値かもしれませんし増えるパターンがあるのかどうかわかりませんが、80%相当額の3/4ですから約60%ということですね。
でも、これで言えば合計105年ですから適用されないということになるのかなと思います。


・年齢に基づく支給

年13回支給。額改定は年1回。
民間部門の受給者の2/3は最低額の受給。過去10年の最低賃金は消費者物価指数の伸びよりもはるかに急速に上昇したので調整が行われる。


・高齢者を対象とした社会扶助制度

老齢年金の2つの要件を満たせないものが対象の社会扶助給付BPC-LOASは1人あたり世帯所得が最低賃金の1/4を下回る高齢者(65歳以上の男女)や障碍者を支援するために創設。
支給額は最低賃金と同額で受給要件は2年ごとに更新。

農村地域では180か月以上就労した60歳以上の男性と55歳以上の女性を対象とする農村年金があり、支給額は最低賃金額と同じ。

国土の広いブラジルですし、都市部と農村部ではまた別の差も大きそうです。


---
キャリアの変動への対応

・早期受給開始の場合

年齢に関わらず男性30年以上、女性25年以上の保険料拠出期間があれば早期の受給開始可能。
拠出期間と年齢の合計が男性95年未満、女性85年未満(2026年までにそれぞれ100年と90年に引き上げ)であるとき係数により減少。

300月以上の保険料拠出期間があり、年金制度の適用がない場合(被保険者ではないということ?)いつでも受給開始可能。


・受給開始を遅らせる場合

就労を継続しながらの受給が可能なため、遅らせるインセンティブなし。


---
個人所得税と社会保険料

・年金受給者への課税

月収1903.98レアル=約57000円=年69万円以上
月収2826.65レアル=約85000円=年102万円未満は税率7.5%
15%と22.5%の税率もあり、
月収4664.69レアル=約14万円=年168万円以上は税率27.5%


・年金所得への課税

非課税


・年金受給者に賦課される社会保険料

年金受給者には賦課されない。
就労している場合は収入額に応じた負担がある。


---
年金制度モデル化の結果:ブラジル
・2053年に57歳から受給開始

平均所得額が75%程度以下の保障が手厚く、それを超えればフィンランド・イタリア・ポーランド・ポルトガル・トルコ・サウジアラビアに似ています。
全体としては珍しい形で、オーストラリアに似ています。

受給要件では男性65歳・女性60歳と書かれているのにここでは57歳とあり、このあたりはわかる人向けの説明なのかもしれません(私はわかっていません)


-----

制度としての原資は事業主・被用者の負担する賃金税と売上税、そして政府からの拠出金(その他の税?)としか記載がありませんが、要件としては保険料拠出期間と書かれています。補足がほしいところです。

 

次回、図表でみる世界の年金2019【第10章31/44】アルゼンチンです。



コメント

非公開コメント

トラックバック