fc2ブログ

比較対象を知ったうえでの検討が必要と考える立場


今月前半の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

中京区のSさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

無料のFP相談を受けたあと本当にこの内容で良いのか疑問を感じられ、他のFP相談を探され有料相談を目にしてそのなかから私を選んでくださったという経緯です。ありがたいことです。

提案を受けられた生命保険商品の確認→遺族年金・団体信用生命保険と死亡保障→高額療養費・傷病手当金・金融予備資金と医療保障→いつのための何のための貯蓄なのかの確認→先進医療特約・がん保険とがん医療→iDeCo(個人型確定拠出年金)・個人年金保険と所得控除→変額保険とつみたてNISA(少額投資非課税制度)の比較→住宅ローンの繰上返済と教育費のバランスといった流れの初回相談となりました。

私は生命保険での貯蓄を完全に否定する立場にありません。超長期で考えれば普通預金や定期預金よりも増えるのは間違いないでしょう。でも、そのためには短期・中期での解約でマイナスになることを許容しておく必要があります。また、超長期で考えればiDeCo・つみたてNISAを比較対象にする必要があります。
何が正解かは将来になってみないとわかりません。でも適切かつ妥当な比較対象を知ったうえでの検討が必要と考える立場です。どちらを選択されても私はしっかりお手伝いしますし、「私はこうしている」という事例と実績をお伝えするのも役割の1つだと思っています。

Sさん、奥さま、ありがとうございました!!
引き続きよろしくお願いします!! 


<京極・出町FP相談オフィシャルサイト> ご相談の流れ(初回相談)
---

左京区にお住まいのTさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

無料のマネーセミナーを受講し、後日の無料FP相談で外貨建て生命保険と投資信託の提案を受けた内容を見てほしいというご依頼でした。
いつのための何のための積立なのかの確認→投資信託とは→インデックス・アクティブの違いと各種手数料→iDeCoとつみたてNISA→遺族年金と死亡保障→生命保険料控除と小規模企業共済等掛金控除→証券会社の選び方→投資信託の選び方といった流れの初回相談となりました。

潤沢な普通預金があることは良いことです。確かに増えないです。だからといって勧められたままによくわからないまま大きなお金をこれまで経験したことのないリスク資産に急いで置き替える必要性はよくよく検討が必要です。
セミナー講師や無料相談を対応してくれた担当さんを信頼して、提案を受けた商品をそのまま購入することだって一概に良くないかどうかなんてわかりません。でも、提案時に聞いておられないリスクや考え方を聞いていただくことも大事です。

Tさん、ありがとうございました!!
引き続きよろしくお願いします!! 


<京極・出町FP相談オフィシャルサイト> ご相談の流れ(初回相談)
-----

男子ネタですみません。

これほんまにびっくりしまして、でも今更コミックを買い揃えるのも何なので、時間作ってマンガ喫茶(古…)で読まないといけないです。結婚してから1回も行ってないのでもうかれこれ19年ほど行ってないわけですが…という何でもない雑談でした。(はじめの一歩というボクシング漫画のことです)


28(日)個別相談1件お受けします。
29(月)打ち合わせ1件と資料作成没頭日です。

ご参照ください。
【2022/8/30(火)・9/3(土)】京都リビング新聞社カルチャー倶楽部「iDeCoセミナー 将来の資金のこと考えませんか」
事前無料説明会2022年8月30日(火)10時20分~【2023年1月検定向け】京都リビング新聞社カルチャー倶楽部「FP3級資格取得講座」
【特別対応】初回相談からオンラインでお受けできます<第4版>


コメント

非公開コメント

トラックバック