fc2ブログ

災害時の備蓄品


先月のツイートからブログでも取り上げたいと思っていた内容を失念していました。


夏は超蒸し暑く、冬は何とも言えない寒さに見舞われる京都ですが、千年の都とはよく言ったもので京都市内中心部で大きな自然災害は発生していません。もちろん将来のことはわからないわけですが、大規模な土砂災害や浸水被害のようなことは考えにくいですし、内陸ですから津波もありません。
残るは地震かもしれませんが、関東・北陸・太平洋側の都県に比べて地震保険の保険料は全然高くなく、本当に大きな被害予想を信じて良いのか何とも判断が難しいと感じる次第です。

念のため書いておきますが、こんなこと書いてもわが家はある程度は備えています。緊急時の家族の方針は子どもたちにも伝えていますし、築年数の古い実家はきちんと地震保険に加入してますし、最低限の持ち出し物は1年に1回程度中身も確認して入れ替えしています。

---

冒頭のリンクはこの「持ち出し物」=「備蓄」の目安を家族の構成・住まい・ペットの有無などで、備蓄品リストが出てきます。
わが家は5人家族です。参考までに現状での結果を出します。

220718_02

水44Lです。
わかります。わかるんです。でも、水だけで2Lのペットボトル22本=6本入り約4箱を常に備えておくのはなかなか難易度高いと思うんです。

もちろん水だけじゃないです。他にもこれだけの量の品々を保管しておくスペースを確保できる家っていわゆる都市部では不可能ではないでしょうか。


だからと言って何も準備しないではなく、どこに折り合いをつけるのかが大事だと思っています。

皆さま、世の中何が起こるかわかりません。何かしらは備えましょうね。
そして、いつか準備しないと…ではなく、近い休日に準備してしまいましょうね。



コメント

非公開コメント

トラックバック