fc2ブログ

相続税がかからないから安心?

 4日(日)


 午前中、家族で宝ヶ池公園に行きました。

 今週も雨の日が多いみたいで、できるだけ子どもを動かせておこうと(笑)
 すべりだい



 ふと、ある相談を思い返しました。


 40代女性。

 母親が高齢になり(父親は既に他界)、「相続」が現実的なものになってきた。

 相続税の仕組みを教えて欲しい。


 
 相続税のかかる人は、亡くなった人の4%と言われています。

 ちょっと細かくは別で書きますが、遺産に関わる基礎控除というものがあるので

 多くの場合は無税です。


 でも、待ってください。相続税がかからないから安心、でしょうか。

 
 大きな財産を持っていなくても、唯一の資産が土地と一軒家。

 他にこれといって目立った金融資産は無い。

 で、例えば相続の対象となる人が5人。

 5人が5人とも、受け取れるものがあるなら受け取りたいと強く主張したら。


 土地と家は簡単に5分割できるものではありません。

 結局売らないといけないとか、売らずにすんでも、あとあと禍根が残ったり。


 これまでは(これからも?)、長男が家を継ぐ、下は我慢とか、

 両親の面倒をみてくれた弟に家は譲るとか、感情に訴えて解決したケースが

 多かったと思われます。(もちろんそうでないことも多いです。)


 親族とはいえ人間関係が希薄になってきている時代。

 しかも、気心の知れた親族は既に亡くなっていて、

 相続を受け取る権利がその子どもに移っていたら。

 その子どもが3人も4人もいたら。


 決して脅かすわけではなくて、事前に知っておくことで

 円満な解決策が見つけ出せると思います。

 こういうことも、いろいろなところでお話していきたいと思います。





-------------------------------------

 「ねんきん活用法」講座。


 知り合いからも何名か参加したいと連絡をもらいました。

 嬉しいですが、ちょっと恥ずかしかったりも(笑)


 実は・・・、1人で1時間半も受け持つ講座は初めてです。

 なので2部構成にして、できるだけ時間配分に失敗の無いようにがんばります。



-------------------------------------


 下の子(2歳3ヶ月)語録

 その9

  しぼらいくん (白バイ)

 使い方

  白バイが写っている「はたらくくるま」の本を見ながら、

   1台の白バイをさして

    「しぼらいくん」(白バイ)

   たくさん写っているのをさして、

    「しぼらいだぁけ」(白バイだらけ)



コメント

非公開コメント

トラックバック