fc2ブログ

結局は専門家もさまざまですから有料や無料ではっきり区別できるものではない


 今月上旬にツイートしました件です。

 地域性があるのだと思います。執筆者が所属されているのは長野県のFP講師の企業ですが、東京在住のようです。東京では下火なのかもしれません。京都と滋賀では私の知る限りまだまだ盛況なのだと感じる日々です。

 京都市内を中心に発行部数50万部を超えるフリーペーパーには多いときで4-5個も無料もしくは受講料500円程度のセミナー案内広告が掲載されています。


 私も開業して11年となりまして、こうして広告を出している企業や各金融機関などいわゆる名前を見聞きしたことがある先で受講したり相談を受けたことのある人からの相談を一通り受けた経験があります。

 無料セミナーや無料相談の利用はやめたほうが良いとまでは思ったことはありませんが、とにかく1つだけの話を聞いて決断するのはやめてほしいとは思います。

---

 相談内容が直球で「生命保険」であったり「資産運用」であるなら問題ないのかもしれません。直球ではない相談だからこそ、満足できずに有料相談を探して私が相談をお受けすることになっているだけなのかもしれません。

 解決したい内容が幅広いのに提案されたのは生命保険や投資信託だけ?というケースを何度も目にしています。なので、生命保険や投資信託の提案を受けたい人たちはそこで完結していて満足されているのかなと思うんです。


 テレビCMで最近よく見る「マネード〇ター」。あれだけCMが出ていれば認知度は上がっていることでしょう。

 利用されたご夫婦からの相談もお受けしたことがあります。担当さんによって違うのでしょうけれど、公的を含む各種制度を(やんわり)否定して積立型の生命保険をがっつり提案で、なんだかなーって感じました(すみません
 「マネード〇ター」ではなく生命保険ドクターという名前にしたら良いのにって感じてしまいました。

---

 繰り返しになりますが、無料相談や金融商品の提案が悪いなんて思ったことはありません。さまざまな意見を聞いてもらいたいってことだけなんです。

 初めて相談する相手が有料相談なら無料相談を1つ聞いてみるのもぜひお勧めしたいです。結局は専門家もさまざまですから有料や無料ではっきり区別できるものではないんです。私はたまたま有料相談を生業にしています。それだけのことです。

 これは私のポジショントークです。


コメント

非公開コメント

トラックバック