fc2ブログ

長期のお手伝いをする。住宅のことお子さんの教育費のこと、その他の支出のことも踏まえて


 先月後半の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 南区にお住まいのTさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 テレビで宣伝のあるものも含めてお金の無料相談を2件受け、2件とも提案が生命保険だったので生命保険以外の提案があるのか聞いてみたいということで検索されてお越しくださったという経緯です。
 これまでの無料相談は奥様1人で相談内容を聞いて、それまであまり興味を持てなかったTさんも「有料相談なら一緒に行ってみたい」とわざわざ有休を取ってお越しくださいました。
 
 国民年金の納付済期間と老齢基礎年金の計算→企業型DC(確定拠出年金)とマッチング拠出の所得控除→つみたてNISA(少額投資非課税制度)とiDeCo(個人型確定拠出年金)の違い→医療保障と高額療養費・傷病手当金・緊急予備資金→生命保障と遺族年金・生命保険・死亡退職金といった流れの初回相談となりました。

 海外在住期間もあり、公的年金保険の話も熱心にアドバイスを求めてくださいました。お金にまつわる相談とは生命保険だけに限りませんが、どうしても生命保険に熱心なアドバイザーが多い傾向ですよね…。決してそれが悪いことではないと思いますけれど、さまざまな情報を比較してもらえると良いと感じる次第です。
 
 Tさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 


 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> ご相談の流れ(初回相談)
---

 北区にお住まいのTさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 1年半ほど前に初回相談とiDeCo加入をお手伝いし、今回はつみたてNISAです。
 この1年半での近況と現時点で考えられる将来の検討課題をお聞かせいただき、つみたてNISAの開始をお手伝いすることになりました。

 つみたてNISAとiDeCoで大事なのは継続性です。今はがんばれるから最大額で、途中でしんどくなったら下げられるというのは制度としてその通りです。でも、将来に毎月の金額を引き下げる可能性があるなら今は手持ち資金を優先して確保するという考え方も知っておいていただく必要があります。
 確かに手持ち資金(普通預金)は低金利ですから増えませんが、いつでも自由に使える自由度は何物にも代えがたいです。iDeCoは60歳まで引き出せませんし、つみたてNISAもいざ資金が必要な近い将来に直前で暴落があっては使いにくいですし使わざるを得ない状況が起こってしまうのはもったいなさすぎます。

 という長期のお手伝いをするのがファイナンシャルプランナー(FP)の役割です。当然ながら積立投資だけに限りません。住宅のことお子さんの教育費のこと、その他の支出のことも踏まえてです。

 Tさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 


 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> ご相談の流れ(初回相談)
-----

 梅雨の最後で雨が続きます。温暖湿潤気候ではなく熱帯に近づいているのでしょうね…
 雨が多くなって水害・土砂災害が増えるのもどうしようもないことのように感じてしまいます。


 今更ですが、5月のFP検定の合格発表がありました。
 受検された皆さま、結果はいかがでしたでしょうか。


 9(金)と11(日)は終日事務所の予定です。
 10(土)お休みをいただきます。

 ご参照ください。
 【特別対応】初回相談からSkypeでお受けできます<第2版>



コメント

非公開コメント

トラックバック