fc2ブログ

「妥協」は人それぞれ千差万別なのは理解しているつもり


 「他の情報もたくさんあるはずなので仮に似たような収入帯であったとしても参考にするのはとても怖い」に引き続き3つめの事例です。

 210616_01

 SUUMO関西 新築マンション2021.3.30号「世帯年収別 夫婦の家計公開」という5ページ(4例掲載)の特集を読みました。

---

 3つめの事例(File)は「世帯年収1172万円」です。
 210630_01
 ※ クリックで全体表示されます。

 気になったことを今回も2つほど取り上げます。

「生命保険は保障に加えて、満期にお金を受け取れる商品に夫婦ともに加入。負担は多いが貯蓄と考え支出」


 夫112000円/月・妻32000円/月で合計142000円/月の生命保険料です。契約内容がわかりませんし、これを除外しても夫婦で月148600円=年178万円の貯蓄ができておられるので問題ないのかもしれませんが、それにしても…巨額です。
 「満期」と書かれているのが気になるところです。仮に5年前に加入して60歳まで払込とすると生命保険の払込総額は4260万円にも達します。住宅ローンに匹敵します。契約内容が気になるところです。


広さは多少妥協


 2016年12月の入居当時、長男7歳・長女4歳ということは今11~12歳と8~9歳です。リビング以外が4畳と6畳の2部屋で、何年後まで大丈夫かな…と気になってしまいました。
 あと、この状況で昨年来のコロナ禍を迎えておられます。在宅勤務であれば大変だっただろうなと…。

 「妥協」は人それぞれ千差万別なのは理解しているつもりですが、近い将来だけでなく中長期の視点も含めての妥協だったのか質問してみたいです。


 念のための記録です。
 ・住宅ローン借入額 / 世帯年収 ≒ 3.7
 ・住宅ローン借入額 / 夫の年収 ≒ 4.1
---

 旅行代や食費が正味で計上され(ているとして)、夫の通信費は月1600円でメリハリが利いていて個人的には好感の持てる家計です。
 やっぱり生命保険が多すぎるように見えます…。他の積立の選択肢を知ってもらいたいと感じました次第です。


 今回もほぼ憶測です。誌面には掲載されていない情報も入手のうえでのFPのアドバイスなのかもしれません。それでも読者には誌面しか確認する情報がありません。
 年収や家族構成が近いとしても、自分たちは実際どうなんだろうとしっかり確認することが何よりも大事です。

 限られた情報に対して限られた文字数でアドバイスをすることの難しさ、対応されているベテランFPさんには敬意を表します。私には怖くて無理です。


コメント

非公開コメント

トラックバック