fc2ブログ

源泉徴収票には情報がたくさん! / 2021年5月検定向けFP3級資格取得講座<第10回目>


 31(水)、京都リビング新聞カルチャー倶楽部主催2021年5月検定向け「FP3級資格取得講座」第10回目の講師を務めました。

 今回で17シーズン目(計25回目)、水曜10時20分~12時20分の115分(休憩5分)の講座で、4月下旬まで計14回の長丁場です。

 <第10回目の項目>
 タックスプランニング②
 ・所得の種類(事業・不動産・譲渡)
 ・損益通算
 ・所得控除の種類(社会保険料・医療費・生命保険/地震保険・小規模企業共済等、基礎・配偶者/配偶者特別・扶養など)
 ・源泉徴収票の読み方と所得税の計算
 ・税額控除(住宅ローン控除)

 210331_01

 FP3級の税知識として私の講座で到達目標にしているのは「源泉徴収票が読めるようになること」です。見る人が見れば、たくさんの情報がわかるのが源泉徴収票です。個人情報の塊です。

 所得税とは収入税ではなく「所得」税です。
 所得を言い換えると税計算上の「もうけ」です。
 このもうけに対して税がかかるのが所得税です。

 もうけを導き出すには経費と「控除」の知識が必要です。
 控除を言い換えると税計算において「もうけを差し引く」仕組みです。
 控除が多ければもうけが減ることになり、結果として税も減ります。
 反対に控除が少なければもうけは減らず、結果として税も減りません。


 税の専門家は税理士さんです。FPは個別具体的な税計算は対応できませんし税務相談を受けることはできません。でも、所得控除・税額控除を知り税計算の考え方を知ることができれば、その税軽減効果を具体的に知ることができますし実際に何かを始めてみる大きな動機付けにもなってきます。他の5課目で学ぶ仕組みと合わせてより有利な選択肢を得るための知恵を身につけることができるのがFP資格の特長です。

 これまでの時事ネタはiDeCo(個人型確定拠出年金)でしたが、2018年から変わった配偶者控除・配偶者特別控除、そして2020年から変わった基礎控除などがあるので受講者さんは混乱されることになりそうです。まずは用語の理解が大事です。

 皆さま、ありがとうございます。
 次回は5つめの課目、不動産にも突入します。よろしくお願いします!


 なお、ふるさと納税も寄附金控除の1つです。
 <過去参照記事> ふるさと納税に思うこと
 3年以上前の記事ですが、ご参考になりましたら幸いです。

 また、これまでの税制改正大綱に関する私のまとめ記事はこちらです。
 <ブログカテゴリー> 所得税関連

-----

 早いもので2020年度の最終日です。2021年も4分の1が終わってしまいます。
 皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

 4/1(木)打ち合わせ1件と個別相談1件お受けします。

 ご参照ください。
 【特別対応】初回相談からSkypeでお受けできます<第2版>


コメント

非公開コメント

トラックバック