fc2ブログ

さまざまに策を講じるより前に重要なこと


 今月後半の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 右京区のTさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 住宅ローンの借り換え検討→生命保障と遺族年金・団体信用生命保険→医療保障と高額療養費・傷病手当金→生命保険商品と勤務先で団体加入できる商品の違い→iDeCo(個人型確定拠出年金)と所得控除→家計の資産把握とバランスシートの項目、といった流れの初回相談となりました。

 数年前からwebで見つけてくださっていて今回とあるきっかえでお声がけくださることになったTさんご夫妻でして、私と珍しい共通点がいくつかあり、親近感わきまくりの相談対応となりました。

 バランスシートの件、京極・出町FP相談では「家計の資産表」と呼んでいます。預貯金や投資信託の残高などわかりやすいものだけでなく、貯蓄性のある生命保険の解約返戻金やiDeCoの残高も当然ながら資産です。他によく忘れられているのは給与天引きでの貯蓄でしょうか。全体像を把握することは、さまざまに策を講じるより前に重要なことです。

 Tさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 


 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> ご相談の流れ(初回相談)
---

 右京区のKさんが事務所へお越しくださいました。

 ご結婚をきっかけに生活が落ち着かれてから生命保険の無料相談を受け、元々加入しておられたご両親から紹介の大手国内生命保険の担当さんから提案を受け、最後に有料相談を探してくださったという経緯です。嬉しいです。

 生命保障と遺族年金・団体信用生命保険→医療保障と高額療養費・傷病手当金→住宅購入と住宅ローンの考え方→固定金利と変動金利の考え方→教育費・教育資金積立と学資保険の意味合い、といった流れの初回相談となりました。

 いつも書くことですけれど、何が正解かは将来になってみないとわかりません。金融商品を最大限に活用するスタンスと、金融商品の活用は必要最小限のスタンスの違いはたくさんの人に知ってもらいたいですし、折衷案だってあり得るわけですから、きちんと自分や家族に当てはめて考えたいものです。
 日々相談をお受けしている立場として、「今」や「近い将来」の自由度が高いのは「金融商品の活用は必要最小限」だと感じます。

 Kさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 


 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> ご相談の流れ(初回相談)
-----

 早いもので11月が終わります。
 今月前半の記事で「11月は少し落ち着いたスタートで」と書いていたのですが、その後ありがたいことにたくさんご連絡とご依頼をいただき、12月の中盤までかなり混み合ってきました。中旬には「ねんきん講座」もありますので、まずはそこまでが1つの区切りです。

 もちろん毎日びっちりではありませんので、ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。お急ぎでなければ12月中旬以降が余裕を持って対応できます。
 皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。


 30(月)打ち合わせ1件と個別相談1件です。
 1(火)訪問相談対応1件です。

 ご参照ください。
 【特別対応】初回相談からSkypeでお受けできます


コメント

非公開コメント

トラックバック