fc2ブログ

大人になって初めてインフルエンザにかかりました(2月1日までが自宅待機期間でした)


 大人になって初めてインフルエンザにかかりました。
 家族の8割(5分の4!)がやられました…。

 1/25(金)朝  次男(5歳)発熱 最高38度  1/26(土)解熱
 1/26(土)夕方 長男(7歳)発熱 最高39度  1/28(月)解熱
 1/27(日)夕方 嫁発熱      最高37.5度 1/28(月)解熱
 1/28(月)午後 私発熱      最高38度  1/29(火)解熱

 完全なる連鎖反応ですね…。
 唯一インフルエンザの予防接種を受けなかった(受けるタイミングを逃した)隊長(長女1歳)だけが今のところ大丈夫です(苦笑)

 私の症状的には、頭痛と身体の重さが特にひどく、他にはノドの奥の荒れと鼻水という程度で、高熱や吐き気はありませんでした。予防接種を受けたから、これだけの軽症で済んだと信じています(信じたいです)^^


 長男の通う小学校、次男の通う幼稚園でも学級閉鎖がありました。
 流行りものにめっぽう弱いわが家ですが、今回は取り入れてしまいました。

 知り合いが教えてくれたのですが、最近のインフルエンザの薬は効き目が抜群で、あという間に熱が下がるそうです。そのせいで出歩く人や職場等に復帰してしまう人が多いそうですが、インフルエンザウイルスはまだ残っているので広めてしまうことになるそうです。

----------------------------------

 先日、とある人からこんな話も聞きました。

 家庭の方針が「できるだけ自然なものを」という考え方の人がおられるそうです。
 食べ物はもちろんできるだけ自然なものをということで添加物系は特に避け、有機栽培系にこだわっておられるそうです。さらには、予防接種はできるだけ(法定で決まっているもの以外)受けない、医者にも余程のことがないと行かないというスタンスとも聞きました。

 ここまでの情報だと、そんな考え方があっても不思議ではないと思えました。
 でも、、、冬場の風邪が広まっている時期、しかも園内(学内)でインフルエンザが流行っているとはっきりわかっている時期でも、この方針を貫いておられるようで、、、

 幼稚園での会話
 保護者A「あれっ!?〇〇くん、昨日高熱が出たって聞いてたけど…」
 保護者B「そうなんよー、でも今朝は下がって、行きたいって言うからー。」

 そして次の日〇〇くんは休み、またその次の日に来る…。
 これって、細菌テ〇(※)と呼べるほどのものではないでしょうか。

 感染症って医者に行くべきですよね…。その認識が無かったというのは、保護者に問題があるというのと同義かと思います。これが不足するということは、人の親になった時点で改めて感染症に関する学びの場が必要ということでしょうか。

 ※ 〇はカタカナの「ロ」です。 
----------------------------------

 と、偉そうなことを書きましたが、私も今回改めて思い返すことになったのはインフルエンザウイルスは発熱前に既に増殖してるということ…。説明されれば当たり前のことです。感染して即発症というのは余程のものですよね…。


 とある地域で活躍されている医師が1/31につぶやかれていました。
 130202
 皆さま、冷静な判断をお願いします。(局名は塗りつぶしました。)


 大阪の病児保育のNPOノーベルさんがいい記事を書かれていました。
 【子どもの病気】vol15.インフルエンザ☆ご家庭での予防法を徹底解説します!
 参考になりましたら幸いです。


 インフルエンザは、発熱後その日を含めて5日間、解熱後2日間は自宅待機ということで、私は2/1(金)まで対象期間でした。
 日程を調整させていただきました皆さま、ありがとうございました。
 ご迷惑をお掛けしましたが、2/2(土)より再始動です。

----------------------------------

 2(土)個別相談2件お受けします。


コメント

非公開コメント

トラックバック